HOME > 演奏実績

2003京都ドイツ文化センター「オクトーバーフェスト」
2003 Oktoberfest in KYOTO
2003.10.11(SAT) GOETHE INSTITUT KYOTO
京都市左京区吉田河原町 京都ドイツ文化センター






天候、「くもり」10月だというのに、蒸し暑い日でした。
出席者 約120名??

レポートby TANGO
全員参加でした。

開始前に恒例の新曲練習をします。「音楽はボヘミアから・・」これは、歌詞が付いていますので次回には歌えるようにしておこうと思います。「ビルコメン」と「アインプロジット」の接続の確認。会場反響音はとても良かったです。ステージの広さも十分ありました。備え付けPAもしっかりしています。反響が良いので楽器のPAは必要なく、ボーカルのみの拡声でOKでした。ボーカルモニターがあれば歌いやすいでしょうね。

6時に「テルツ」でスタートし、京都ドイツ文化センター館長の挨拶があります。
その後は、全てをBBに任せて貰いました。ともけん君MCでいつもの通り始まります。
テーマソング「ビルコメン・アインプロジット」に続き、ビットマン、ヘルツシュメルツ、ロサムンデ、という歌づくしでした。「ドイツ人の前でドイツ語の歌」はビビリましたが、歌い出せばこっちのモノ。開き直りです。

ダメ出しを一つ。ともけん君。MCの声がでかすぎました。後ろのバンドからかなりきつい視線が飛んでいましたよ。

ドイツ人と、ドイツ語を学んでいる日本人と、ドイツ文化に興味を持っている人などが聴衆であるとのことで、今回の「オクトーバーフェスト」のノリにはかなり期待をしていました。残念ながら、日本の学生さんはノリ切っていませんでした。ドイツ語は勉強されているのでしょうが、僕たちの得意とするこの分野のお勉強はまだまだのようで、「アインプロジット」も歌えない(酔ってないから歌わない??)様子でした。あの「ツィゲツァゲ」でさえ、ノリが悪く、「この人たちオクトーバーフェストを楽しもうとしているのだろうか・・・?」と思えてしまうほど。ポルカの手拍子も全く湧いてきません。ところが、さすがにドイツ人の若い方は、ご存じのようで、「ホフブロイハウス」では良いところで立ち上がり、最後のポルカ連続演奏では激しい動きで踊っていました。

パーティーの形態は飲み放題ではなく、生ビール1杯300円のチケット制になっていたためでしょう、お客さんのビールがあまり進んでいませんでした。
パン(ドイツパン)に2本ソーセージを挟んだモノが唯一の食事で、ブレーツェルのお菓子(塩辛いスナック)がおつまみに用意されていました。ソーセージはドイツ風のとても良い味でした。

さらに気になったこと2点。「チラタラ」ダンスでパートナー探しの時、I本君が積極的に出て行ってくれました。良い動きでした。タナチュウ君!、もっと積極的に動いてくれないと。BBに照れは不要ですぞ。

休憩時間に、子供さんがパーカッションをいじっていましたが、これは絶対させてはいけません。各自自分の楽器の管理に責任を持ちたいモノです。子供が無茶苦茶叩くたびに、不快感でお客さんが渋い顔をされていました。チューバをさわりに来た子には、注意を入れておきました。楽器に何かあったときに、子供に弁償請求出来ますか??

6時から9時頃まで3回のステージをこなしました。2回目最後にムカデ歩きの練習で「オーバークライン」を演奏し、このときは皆さん乗っていたんですが、お客さんのはけるのが予想以上に早く、3回目ステージでは前の方のお客さんはまばらです。こういうときは乗せるPOLKAより、聴かせるPOLKAに選曲を変えた方が良いと思いました。最後の雰囲気には「チゲツァゲ」は合いませんね。軽いPOLKAは成功でした。

終わってからミーティングを行いました。半年以上見習いを堅実に続けてくれた多田君が正式メンバーに認められました。早速、顔と使用楽器写真の撮り直しをしました。写真はUP済みです。後はプライバシーの許す限りのプロフィール紹介を載せたいところです。今回は全員出席でしたから集合写真を撮っておくべきでした。ドイツで帽子を調達して、みんなのスタイルが一歩進みましたからメンバー写真を撮り直す良いチャンスでしたのに、残念でした。

ということで、演奏はハナ丸。演奏以外の細かいところに不満が目立ったパーティーでした。
どんどん良くなります。次回が楽しみです。




byともけん
MCの声が大きすぎる???まったく気づきませんでした。あれまあ…。

今回は本格的なビアパーティということだったので、レパートリーのフル演奏…。3時間のパーティーに1バンドというのはなかなかきついものがあったようで…。最後のほうはただのバンドになってましたですねえ。ゴールデンクラリネットが有効活用できなかったのが、構成上の反省点であります。しかし3部であれだけ客が減るとは予想外でありましたが、チゲチャゲは休憩中にお客さんからもう一度、やってくださいとのことでしたので、やっちゃいました。まばらな客に「ホイホイホイ」は辛かったと自分でも思いますが…。

今回、新メンバーが加入し、PAも自前のを用意できました。今回の会場は、音響もよく使用することはなかったですが、8chのパワードミキサーにマイクセット5組(当然ブーム付)100Wのスピーカー2台を用意していました。京都まつりで使用する予定ですが、そのままBB専用にする予定なので、有効活用したいと思います。モニタースピーカーも欲しいですけど、次の機会に…。

うーん、マイクを通すとなるとますますアコーディオンの練習時間を増やさないと…。


演奏に目一杯で、自分たちの写真を撮るのを忘れていました。


RETURN