HOME > 演奏実績

2003BB10周年記念スプリングビアフェスト
2003 BB 10years Anniversary Spring Beer Fest
2003.3.2(sun) KYOTO STATION BUILDING NEW TOKYO
京都駅ビル 伊太利亜麦酒館 ニュートーキョー




2003年springbeerfest


参加者約80名
天候、「晴」



 レポートby TANGO

会場は京都駅ビルの2階、京都劇場の横にあって、天井は高く、フロアも広く、響きすぎの感のあるところでした。

12時丁度に「クープファルツ」の呼び込みにより開宴しました。1部は4曲20分、お客さんもお酒が入っていないので静かぁ〜なまま終了しました。(BBのビアフェストに慣れた方ばかりが参加されているのですから、そろそろしょっぱなから乗りの良いパーティーを体験したいものですが・・。)

2部は恒例になった「唄のステージ」です。ビットマンフランツ、ロザムンデそして、今日初めて練習した「クーフシュタイン」、最後にチゲツァゲの4曲でした。
クーフシュタインはキーが高かったため、裏声の最も高い音を出さねばならず、どうにかしないといけませんね。一応ともけん君と僕とでハモってみまして、聞けるものにはなっていたと思います。E氏は「どこをやってるのか分からなくなったので、吹いていない。」

3部は「シュタットシュレイバーポルカ」など4曲。出席していたESPメンバー4人にも参加してもらい、エガーレンダーポルカをやってみました。4人代わっただけでも、BBサウンドとは少し違った仕上がりになりました。チラタラでは、長谷川君と、E氏の御令嬢とでダンスをして貰いました。他にも2組ダンスペアが出てきて踊っておられたようです。このノリが欲しいんです。

4部との間にお土産の抽選がありました。皆さん良い品をお持ち帰りいただけたことと思います。

最後4部、今回は20分程度のステージを4回もやってしまいました。メンバーの高齢化?に伴い、パワーが無くなったのか、理由は分からないんですが、すぐに休みたがる者がいるようです。少なくとも30分は持たせないと、ブツ切れのステージでは流れが作れないように思うのですが、いかがでしょうか。
それで、その4部ですが、積み残した「ゴールデンクラリネット」をE氏フューチャーで。さらにメンバーの自己紹介をやり、オーバークライン1、2へ進みます。今日のオーバークラインは会場が広すぎて乗りきれませんでしたね。オーバークライン1,2を連続で流したのですが、会場の皆さんが歩きつかれてへばってしまい、「もういいわ」の空気を感じてしまいました。それにも関わらず強制的押し売りアンコールのチゲツァゲをやって、最後に送り出しの「テルツ」で〆ました。
僕は、テルツが今日の出来では一番だったと思います。音のハリとキレがあって、完成度が高いんじゃないかな。

10年間の間に、いろいろレパートリーやパフォーマンスを追加していっています。
今年の夏にはメンバーの殆んどがバイエルンへ行く訳ですが、あちらのビアパーティーの最新のレパートリーなどを仕入れてこようと思います。
BBはまだまだ進化する集団です。これからのBBにご期待ください。






レポートby tomoken 

たくさんのご来場ありがとうございました。今回のMCはいかがでしたでしょうか。
E氏などからは「よそいきすぎ」などと駄目だしがありましたが、BB主催のイベントが一番意見などもいただけるので、ちょっと長めのおしゃべりをしました。

今回の会場はむちゃくちゃ響きすぎて、ごわんごわんしていました。広さなどはちょうどよいような気もしますが、なかなかベストなところってないものです。

初のクフシュタインは、歌のキーがなかなかつらかったです。あの編曲だと歌が途中で終わっちゃいます。一考の価値あり??。一度、常任からフィナーレでも借りて、移調してみましょうかね。全体的には良くも悪くもいつもどおりといったところでしょうか。ちょっとずつ、それぞれのキャラが立ってきたのは、よい傾向ではないでしょうか。I井先輩ごめんね〜。

うちの奥さん曰く「どうせならタンバリンやカスタネットなどの簡単に参加できる楽器をいれたらどう?」うーん洗濯板を復活をさせなあかんな〜。


RETURN