HOME > 演奏実績

2003BB・エーデルワイスカペエジョイントビアフェスト「Bayernの夕べ」
(2003京都オクトーバーフェスト)
2003 BB edelweisskapelle joint beer fest
2003.9.12(FRI) KYOTO SHIJO BEERPARK"BEER BEER"
京都四条ビアパークビアビア






天候、「台風韓国直撃、フェーン現象?かなり暑い、にわか雨」
出席者 約60名

突然お邪魔してすみませんでした。 投稿者:Tangie  投稿日: 9月13日(土)17時48分58秒
 いつかバイエルンブラスの皆さんの演奏を、聞いて見たいと思っていましたが、静岡に住んでいると、中々チャンスは無いのですが、和歌山への出張の帰りは9月12日になるので、エーデルワイスカペレの江良さんに頼んで、カペレのメンバーに内緒で席をひとつお願いし、彼らを驚かしてやろうと思いました。そんなことで、突然お邪魔いたしまました。申し訳ありませんでした。
 「あれ〜!何でTangieさんが此処にいるの?」知っていたのは江良さんだけでしたが、なんとMichelaさんまでいらっしゃるとは、私も知りませんでした。
 さて、噂に違わず素晴らしい演奏で、堪能させていただきました。トモケンさんの「ヒャホー」も聞かせていただき、「う〜ん、流石にちがうわい」と密かにヒャホーの研究もさせていただきました。また、TANGOさんともお会いできたことを心より嬉しく思いました。ご迷惑かも知れませんが、又機会を見つけてお邪魔させていただくつもりです。

BBさんの熱演に圧倒されました 投稿者:Korokoroこと嶋くん  投稿日: 9月13日(土)20時25分38秒
音源寄贈の嶋くんです。
9月12日のジョイントコンサートはとても楽しく聴かせていただきました。BBさんの長時間の演奏のなかから、つぎつぎに繰り出される耳新しい曲に快く酔わせていただきました。
フルメンバーに葛城監督さんをはじめ多数の応援が加わり、20人に近い皆さんの立った姿勢での熱演にすっかり圧倒されました。
次回のコンサートを今から楽しみにしています!!

私も飛び入りですいませんでした! 投稿者:Michaela  投稿日: 9月14日(日)01時09分10秒
単に大酒を飲む一観客でいるつもりが、何だか厚かましく演奏までさせて頂いてしまいすみませんでした。でもとっても楽しかった!
お酒も入った上に大初見大会でアワアワしている姿を露呈してしまいお恥ずかしい次第。
次回は(もしこんな機会があったら、ですが)もっと曲を勉強して行きますね。
楽しいひとときをありがとうございました。
これからもよろしくお願い致します。




イヤー、最高!その1 投稿者:TANGO  投稿日: 9月14日(日)01時24分35秒
こんばんは。全ての御参加の皆さん、楽しいひとときを過ごしました。
有り難うございました。台風も日本海側へそれて、天気も崩れずに熱い日でした。ビールはおいしかったと思いますが、会場が少し暑くて演奏するには感心しないコンデションのように感じました。

5月に続く、第2回目のジョイントフェストは6時30分にエーデルワイスカぺレさんの演奏で始まりました。エーデルワイスカペレの鈴木さんと江良さんは、前日にドイツ方面の演奏から帰国されたばかり、山崎さん、石川さんは東京から到着されてすぐPAセッティングと、リハーサルをされていて、さすがプロ奏者は僕たちとは基本が違うのです。
レーダーホーゼンとディルンドルに着替えられ、チロル、バイエルンの雰囲気が会場全体に広がります。演奏は文句なしのいつものハイパワーなレパートリーが繰り広げられます。一人がいくつものパートを兼ね、4人でありながら10人以上のパフォーマンスをされて、勉強になります。



30分前後でBBと交代します。今回は休憩時間を出来るだけ少なくし、お客さんには常に音楽を聴いて頂くようにしてみました。最初にエーデルワイスカペレさんに演奏して頂いたのも、BBメンバーが平日のこの時間では遠方のメンバー到着せず、全員揃わないからの理由でした。

さて、BBの最初は、「Willkommen zu unserm Platz」でした。作曲されたペーター鈴木さんとそのいきさつを説明し、本邦初演です。(ドイツではやってきましたけどね。)1回目の挨拶演奏は、歌を付けずに楽器演奏だけにしました。そのうちに皆さんに大声で歌って頂けるようになると信じています。

BBの1回目のステージは、テルツ、エゲルレンダーを演奏。今日は僕を除いて全員立奏します。場所が狭いこともありますが、この方が見栄えが良いのです。3曲目でTuをT団長に渡し、僕は歌を担当します。ビットマンフランツ、ロザムンデ、ホフブロイハウス、ツィゲツァゲホイホイ。完全に覚えたはずなのですが、最近CDの歌をよく聴いていますので「ちょっと違うな・・」という部分がふと頭に浮かんで、歌詞を間違えたりしました。なぜか、汗だくの1回目でした。ともけんくんのMCは乗っていました。以前にはあった「しつこい説明」が無くなり、ツボを押さえた良い感じのMCでした。

子分アコと親分アコ

エーデルワイスさん関係のお客様で、静岡県は沼津市からいらしてた「Tangie」さん、またドイツへ鈴木さんらと演奏に行っておられた「みひゃえら」さんも出席されており、話も弾みます。なんと「みひゃえら」さんは以前、うちのビールを飲むとすぐつぶれるCl吹きE藤氏とはお知り合いとか・・・。狭いものです。

エーデルワイスカペレさんの2回目の演奏が始まりました。このステージは、普段は聞いたことのない演目が続きました。オーバークライン地方の音楽とかで、常にエーデルワイスの演奏をよく聴いておられるエーデルワイスファンの「Tangie」さんでさえ、「珍しい曲だ」と言っておられました。そのほか、メンバー一人一人のソロ曲を中心にステージを組み立てられ、その腕前に感服しました。ヒャッホーの叫びすぎで声がおかしくなって来ました。





BB2回目ステージは、先ほどの「みひゃえら」さんにお手伝いして頂きました。E藤氏はそろそろつぶれかけています。最初にこの日誕生日の葛城先生のお子さんを「ハピバースディ」でお祝いしました。これは直前に葛城先生が入力されたとか。
また、もう一つの話題として、BBがサンクトフィトスの前団長から頂いた「3リットルジョッキ」を披露しました。これのいきさつは色々ありますので、説明は省略しましょう。
後は、長谷川君の踊り付きの「チラタラ」、もう一つ別のエゲルレンダー、歌詞を覚えたので歌いたかった「ヘルツ」でも今回は演奏のみ。

また、E藤氏は「ファイヤー酒」という、高アルコールのスピリッツに本当に火を付けてお客さんに飲んでもらうこともやっちゃいました。





曲は前後するかもしれませんが、みひゃえらさんとE藤氏をクローズアップした「ゴールデンクラリネット」。MIDIでは完璧に演奏したらこうなるというのは分かっていましたが、実際に演奏を聴いたのは初めてでした。やはり音が違う。

で、終わりが近づき、「Willkommen zu unserm Platz」を今度は歌付きでやります。
最後に定番の「オーバークラインでの出会い1と2」を演奏し、エーデルワイスカペレさんとの合同演奏で今回のESPのドイツ旅行時に調達依頼をしてあった曲のうちの一つ「Schutzenliesel」を演奏しました。良い曲です。これは今後使えます。
そして「ムシデン」で〆となります。




阪神ファンが優勝間近というので「六甲おろし」を演奏し出しました。皆好きですな。

と言うことで、3時間があっという間に過ぎてしまいました。この後も楽器を片付けながらみひゃえらさん江良さんによる超絶「クラリネットポルカ」が聴けたり、皆さん参加会費以上の楽しいひとときを過ごされたことと思いました。

最後に、何が最高って、みひゃえらさんの「はぐ」が最高でした。

ありがとうございました 投稿者:TOMOKEN  投稿日: 9月15日(月)00時38分26秒
 まったくもって感謝感謝でございます。師匠の演奏を横目に飲むビールはさいこっすね。すばらしい演奏、のりのよいお客、すべりまくるMC等々。

BBの演奏も気合が乗ってました。そないに気張って吹かんでもていうくらいに...。とりあえず現時点で最高のパフォーマンスではなかったでしょうか。I本くんのスプーンパフォーマンスも板についてきたし、微妙なはずし加減のタナ中のチラタラダンスも味があって。
歌のはもり加減については、まだまだ研究の余地がありますが、こんだけステージをやってて初めてTANGOさんと発音あわせをしてみたおかげで聞きやすくなったと思う。???あとは歌詞をちゃんと覚えないと...。

BBのテーマソング、ともけんはドイツ組ではなかったので、初めてなまでやりました。イメージはアインプロージットのあとやったんですが、実は前にするんだって...先いってよ。でもいいですよね。テーマソングは必ずBBのステージではやることに決定しました。師匠ありがとうございました。

そうそうドイツマーチのだめだし。むずかっしっすよね。早くでもなく、遅くでもなく、ドイツ風に。BBは気分によって音が変わるのでぴたっと決めるには先が長そうだ。

PS Tngieさん、ほんと遠いところ、良くぞお越しくださいました。BBファンクラブ関東支部支部長に任命いたします。

PS2 クラリネットポルカ最高!!!だぜ。(よっぱらってても...)


RETURN