HOME > 演奏実績

ドイツ・バイエルン州・オーバープファルツ・ブルクレンゲンフェルト市
2007
2007.8.10/11/12(FRI)(SAT)(SUN) BAYERN BURGLENGENFELD






40-jahriges Grundungsjubilaum
vorl. Programm / Vorankundigung

FESTPROGRAMM

  Freitag, 10. August 2007

20:00 Uhr
20:30 Uhr
Vor dem Rathaus:
Auftritt Heimattrachtenverein Esterwegen (Emsland)
Open-Air-Konzert
Teilnehmer:
Hanazono-High-School-Band - Kyoto (Japan)
Espoir-Wind-Orchestra - Kyoto (Japan)

Symphonisches Blasorchester der Musikkapelle St. Vitus

Eintritt frei ? freiw. Spenden werden erbeten.
   
  Samstag, 11. August 2007
16:00 Uhr





16:30 Uhr

17:00 Uhr



18:00 Uhr



ab 19:00 Uhr
 
Gedenkfeier beim japanischen Toro (Proberaum)
Musikalisch gestaltet von:
Hanazono-High-School-Band - Kyoto (Japan)
Espoir-Wind-Orchestra - Kyoto (Japan)

Symphonisches Blasorchester der Musikkapelle
St. Vitus
Kirchenzug mit allen Kapellen zur Stadtpfarrkirche St. Vitus

Festgottesdienst in Pfarrkirche St. Vitus
Musikalische Gestaltung:
Symphonisches Blasorchester der Musikkapelle
St. Vitus
Marsch mit allen Kapellen, Heimattrachtenverein Esterweg (Emsland), Trachtenverein Stamm Burglengenfeld zum Festplatz beim Pfarrheim
St. Michael

Festbetrieb am Pfarrheimvorplatz
Es spielt die Deuerlinger Blasmusik
Auftritte und Einlagen der
Hanazono-High-School-Band - Kyoto (Japan)
Espoir-Wind-Orchestra - Kyoto (Japan)
Bayern-Brass - Kyoto (Japan)

Heimattrachtenverein Esterwegen (Emsland)
Trachtenverein "Stamm" Burglengenfeld
   
  Sonntag 12. August 2007
ab 10:00 Uhr


ab 14:00 Uhr

ab 18:00 Uhr

ab 19:00 Uhr
Fruhschoppen am Festplatz (Pfarrheim St. Michael)
Es spielen die "Ehemaligen" der Musikkapelle St. Vitus
Einlagen der "Kleinen Vitus-Strolche"
Festbetrieb am Pfarrheimvorplatz St. Michael
Es spielen die verschiedenen Gruppen der Musikkapelle St. Vitus
Auftritte und Einlagen der
Hanazono-High-School-Band - Kyoto (Japan)
Espoir-Wind-Orchestra - Kyoto (Japan)

Gruppe 1 und
Bayern-Brass - Kyoto (Japan)

なんで『くるぶし』?!  投稿者:菊正宗  投稿日:2007年 8月24日(金)22時45分38秒
  tomokenさん、なんでホーゼがくるぶしまであんのん!?
今度しっかり見せていただきやす!

本業もMacちゃんも調子戻ってきたようなので‥‥
ブルクレンゲンフェルトの様子のリポート、といわれても何を書いていいのか。何から書けばいいのか。


とりあえず晴れた日の日ざしの強い事。人さし指に指輪してったら、見事に『指輪焼け』しましたよ。普段していない指にはめていったもんやから、白い輪がある。結構笑えまっせ。顔も黒いし。

6日出発の本隊より2日早くミュンヘンに前乗りしましたが、ミュンヘンに着いたその足でホフブロイハウスへ行きましたとさ。入ったらホフブロイの曲が流れてくるじゃあないですか!眠気も吹っ飛びましたね〜。
ミュンヘン滞在中は、我が友人『めひつじ』さんにビアガルテンや博物館やヴァイスヴルストのお店など連れて行ってもらい、楽譜もディアンドルもゲットしました。ディアンドルは『気に入ったのに出会ったら』程度の気持ちやったんで買う気はあんまりなかったんですけど‥‥出会ってしまいましたね〜。5分くらいで即決。めひつじさんもびっくりな即買いでした。安い買い物やないんやから、もうちょっと考えろよって、ね。

当初ミュンヘンで本隊と合流する予定だったのが、本隊はフランクフルトからバスになっちまったもんでアリコさんとレーゲンスブルクまで電車で移動。電車の暑い事。でもまぁ電車移動が出来たのもいい経験でしたね。(ミュンヘンで合流できないことが発覚した当時は泣きそうやってんけど)






BBの本番は‥‥声がデカかったらしいです。
最初ね、マイクがアコーディオンにしかなかったんですよ。だから乾杯の時、『ステージのみんなに聞こえるように』と大きい声出してたら、アコーディオン用のマイクが私の声を見事に拾ってたそうです。スピーカーはあさっての方に向いてたので、私はなんの実感もありません。はい。

本番後、トイレでフォークダンスのおばちゃんたちに囲まれました。
『あんた、ドイツ語できんの?』
『ちょっとだけ』
『☆◆※・*♯◎▲○!!』
わっから〜ん!ちょっとって言うたやんかぁ〜!
でもまぁ、良かったよ、あんた楽しそうに弾いてたし笑ってたし、みたいな事言うてもらったらしい。ありがとうございます。
BBの2回目の本番は、人間用マイクがあったので大人しい目にしました。





BB3回目の本番はさよならパーティーでした。
当日の朝、チョッパーさんとN井さんと一緒にレーゲンスブルクまで買いに行ったレーダーホーゼン、いきなり着ました。(私はくるぶしまできてへんでぇ〜)
その日暑かったのにレーダーホーゼン履いてたのと、ステージもライトでより暑かったのと、ペ様書き下ろしの『ヴァイスヴルスト』を歌ったのと‥‥慣れない事をすると変に緊張してしもたもんで(後ろ向いた時、相当ヒソウな顔してたみたいやったけど‥‥こら!アリコ! その顔みて笑うな!写真取るな!!)、最終的には体力消耗脱水症状ヘ〜ロヘロでございました。つとむちゃんがくれた『麦茶』が私の命を繋いでくれました。つとむちゃん、ありがと〜!さっすがつとむちゃん。
緊張〜?って言わはるかも知れんけど、ステージから見たらみぃ〜んなドイツ人って感じなんですよ。そこへドイツ語で歌うのはヘロヘロにもなろうもの。
だって私ぃ、気ぃ弱いしぃ〜。
やっと終わった!って思ってホッとしたのもつかの間『きくの歌がウケてるからもう1曲』って。んなバカな。ランディーバースに良く似たギュンターさんと一緒に歌ってもらう事になったけど‥‥まぁ隣で歌ってくれはるのも心臓に悪かったですな。マイク持つ手が震えましたやん!(ひょっとして緊張じゃなくて、禁断症状?!)シュッツェンリーゼルとツィゲツァゲと‥‥なにやったっけ?忘れた。
しかし恐ろしいもんで、エスポも帰ってしまった18日、フィトスのステージで再びシュッツェンリーゼルを歌った時は震えもしませんでした。なはは。

BB本番絡みはこんなもんでしょうか?







エスポが帰ってからは出番はなかったはずなんですけど、先に書いたようにフィトスステージに乗せていただいたり、花高ステージの『ロサムンデ』の後に乾杯の声かけるためにステージにあがったり(ロサムンデの歌詞がわからないから、ロ〜サ〜ムンデ〜HumHumHumってハミングしてみたりなんかして)‥‥でも時に印象深かったのは、ビュルガーフェストの初日(寒い日やったなぁ)、多数ある野外ステージの中の市役所の中庭でトランペットとアコーディオンとチューバの演奏の、そのアコーディオンを弾かせていただいてみんなに歌っていただけた事。めちゃくちゃ楽しくって、たしか1時ぐらいまでそこにいてたんじゃなかったかな?N井さんとこと私のホストファミリーが近所やったもんで、一緒に歩いて帰りました‥‥のぼり坂20分。

しかしレーダーホーゼン履いてたら、知ってる人にも知らない人にもお尻叩かれるわ触られるわ。びっくりするやんけ〜!
ジーパン履いて歩けば『今日はレーダーホーゼンちゃうんか?』と聞かれ。
ナイフなかったら『ないやんか!』と(知らない人に)怒られ。
『アコーディオン』『オアンス』と呼ばれ。なかには『みさ』と呼ぶ人も。
みんな一体だれ?
とりあえず『ヤ〜』でのりきり。
でもねぇ、呼ばれて振り向いたら知らない人っちゅうのもなかなか変な感じっすよ。
ま、お互い見た事あるんやろうから、きっと既に知り合いなんやわ〜。
ホストファミリーには 一番最初に『私はドイツは初めてです』と言ってたのに、帰国近くなってから『何年いた?何回目?』と聞かれるし。
ホストファミリーをはじめ、町の様々な方に本当に色々お世話になりました。
ありがたいことです。
ありがとうございます。
いやぁ、本当に楽しかったです〜
見るもの素晴らしい、食べ物素晴らしい、人々もとても素晴らしい
全てが素晴らしいドイツ遠征でした。
(スーツケースが行方不明になったというオマケがついてても、ね)

遠征の下地から御尽力下さった方々
このような機会を与えて下さったこと
素晴らしい出会い
全てに感謝します。
ありがとうございました。
 

荷物、無事帰国  投稿者:菊正宗  投稿日:2007年 8月22日(水)23時43分22秒
  本日19時、持ち主より1日遅れで、行方不明で探索の結果ミュンヘン滞在していたスーツケースが帰国・帰宅しました。
おさわがせいたしました。

パソから他の事も書き込もうとしてたのですが、ドイツ滞在中やってなかった本業と同様に(!)どうも調子がよくなく、やむなく携帯から書き込みしてるので、とりあえずは荷物帰国のご報告まで。

えらりんり〜ん!
めぇ〜っちゃ楽しかったよぉ〜ん!
 

ドイツ行ったんはドイツぢゃ〜!  投稿者:菊正宗  投稿日:2007年 8月21日(火)22時28分45秒
  ただいま帰りました。

とっても楽しいドイツでした。
が。
最後の最後で。
関空に私の荷物が着かなかった!
夕方関空から電話があって見つかったらしいんですけど、チェックインしてすぐに番号タグが外れたらしく、荷物はミュンヘンに居残ってたそうです。

ブュルガーフェストで、演奏者の楽器を借りて『トリンク』を弾かせてもらったり、フィトスのステージで『シュッツェンリーゼル』歌わせてもらったりしたのに、なかなか最後に大きな落とし穴みたいなもんがありましたな。まいった。
あ!向こうの新聞に載りましたよ〜♪

TANGOさ〜ん。
画像を携帯で海外から送るのは料金が高すぎますねん。

もっと語彙を増やそうと心に決めて、明日必ず荷物が戻ってくる事を祈りながらもう寝ま〜す。






強力な協力者「前田」ちゃん



レーダーホーゼン。サイズは「?」


















RETURN