HOME > メンバー紹介Musiker > 安井 勉

03/22/2002

安井 勉

Tsutomu Yasui

安井勉


 ブラスに魅せられて

 1960年4月、京都市立・洛南中学校入学と同時に吹奏楽部に入部。

 当時、吹奏楽部は隆盛を極めコンクールで数々入賞。特にパレードドリルの先駆的存在で、京都会館オープニングこけら落しやテレビ番組にも出演。

 世界初の宇宙飛行士ユーリー・ガガーリン少佐入洛歓迎会(指揮譜に本人がサイン。今でも存在すれば「お宝鑑定団」もの)など、演奏会の思い出がいっぱい。

 当時、常時50名を越える部員が在籍する大所帯でした。

 トロムボーンを手始めにバリトン、小バス・・・ 2年生の後半に、日管からユーホニウムが発売され新品の楽器を手にした時は感動でした。

 卒業後、花園高校へ、そして吹奏楽部に入部。

 ユーホニウムのほか、トロムボーン・スーザホーンなども経験するなど、ここでも楽しい3年間を過ごすことができました。

 社会に出てからは3年間エスポワール吹奏楽団に在籍。仕事の都合などで一時中断しましたが、勤務先の京阪電鉄音楽同好会で・・・  その後、エスポワール吹奏楽団に復帰する機会を得て、1993年、バイエルンブラスを仲間と結成し、現在に至っています。

 現在使用しています「テナーホーン」は、日本では販売していない(?)スタイルのもので、ヨーロッパ・ドイツ旅行の度に購入。

 1948年生れの自分は、「ブラスに魅せられて」青春を謳歌しています。

 安井勉ブログはこちらから



RETURN