HOME バイエルンマニア New Ein Prosit

07/01/2003

Willkommen zu unserm Platz
für Bayern Brass




新しい、日本で作られた「乾杯の歌」ご存知ですか?その、作られた経過を以下に説明します。
話の始まりは、2003年5月11日です。

エーデルワイスカペレさんのWEBサイトBBSに静岡県三島のTangieさんから
「私達Edelweisskapelleのファンが作詞したものを、メンバーに作曲してもらい、ビールを飲みながら皆でうたえる”うた”をつくりましょう。」との提案がされました。

私TANGOは、「新しい歌、それも日本人が作った歌には大反対で、ビアソングは、本場であちらの方が作ったものでないといけない」とのメールをエーデルワイスカペレの石川さんへ送りました。

すると、エーデルワイスカペレの鈴木さんから「自作反対派の鈴木が賛成派になったいきさつ」について、詳しくご意見を頂きました。(これは鈴木さんの了解をいただければ、皆さんにも読んで頂きたいところですが・・。)

このDMを読み終えた頃には、すっかり私の考えも変わっていました。早速

バイエルンブラスのモットーを歌詞にしようと

Willkommen Zum unser Platz
WIR LIEBEN MUSIK UND BIER
WIR LIEBEN MUSIK UND BIER
1 2 3 g'suffa

を応募し、BBのオリジナル乾杯ソングにしたいとの気持ちを伝えました。

その後、鈴木さんは 「Willkommen zu unserm Platz」と文法訂正し、Ein Prositと連続して演奏出来るようにと、曲想を同じにしたオーケストレーションで仕上げられました。

送っていただいた楽譜には、スコア、パート譜すべてに直筆のサインが付されていました。
「für Bayern Brass Peter der Trompeter 鈴木啓之 1 . Juli 2003」
 
BBの「宝」がまたひとつ増えました。ありがとうございました。
世界中のビアホールで認知される「乾杯ソング」に育てたいものです。



RETURN