HOME バイエルンマニア オーバープファルツ紋章




オーバープファルツの紋章は、2本の斜めの線により3つのパートに分けられています。
黒地に金のライオンは、1214年にバイエルン公爵にルトウィックが選帝侯領を与えられ、その後数世紀に亘ってバイエルンとヴィッテルスバッハ家のシンボルとされてきました。
白と青のひし形は、1247年にヴィッテルスバッハ家紋章として採用され、現在ではバイエルン全体を象徴しています。
赤地に銀の鍵が交差した部分は、オーバープファルツエリアの中心であるレーゲンスブルグに始まっています。

この紋章は1960年に採用されました。

オーバープファルツは、バイエルン州の東北部に位置し、チェコと境界を接し面積約10,000平方キロ弱のエリアです。エリア内の人口は
106万人。一番大きな都市、レーゲンスブルグの人口は125,000人です。我々BBメンバーと交流のあるBruglengenfeldはオーバープファルツ内の7つの地区の内「Landkreis Schwandorf」に属しています。
Oberpfalzは、英語では「Upper Palatinate」直訳すると「上部選帝侯領」となりますが、「上部」なのか「高地」なのか、今現在ではドイツ語素人の僕にはわかりません。どなたかヘルプ!。


RETURN